HOME > 気候・装備

Data



気候・雨


屋久島は、南国沖縄と同じような気候だとの勘違いが多いです

屋久島は本州との距離が近く、年間の気温も沖縄よりも鹿児島と近いです。そのため冬はかなり寒く、山岳部には大量の雪が
積もることもあります。
屋久島には,九州全体の中で1番高い宮之浦岳を始め、九州全体の1番~7番目までの山があります。冬に白谷雲水峡の太鼓岩から、
中央の山岳部を望むと、雪が積もって真っ白になり北アルプスを連想させるので「洋上のアルプス」と呼ばれています。

1年を通して山の中では里地に比べて、標高が100m上がると気温は0.6℃下がります。宮之浦岳は1936mあるので、里地より気温が約12℃も下がるのです。更に風速が1m増すたびに、体感気温はマイナス1℃風速10mならマイナス10℃です。

1年を通じて、服装・装備には十分気をつけましょう!


1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温 11.6 12.1 14.3 17.7 20.8 23.6 26.9 27.2 25.5 21.9 17.9 13.6
最高気温 14.4 15.2 17.5 21.3 24.3 26.8 30.4 30.6 28.7 24.9 20.9 16.6
最低気温 8.7 9.1 11.1 14.2 17.3 20.7 23.7 24.2 22.6 19 14.9 10.6
降水量/㎜ 272.9 286.7 428.1 421.7 441 773.6 311.9 269 406.1 299.6 303.9 262.7





屋久島はほんとによく雨が降ります。
山岳部の年間降水量は東京・大阪の約5~6倍、降水量は里地で4000㎜。東京の2~3倍近く降ります。山岳部では、8000㎜。さらに頂上付近は1万㎜とも言われています。

雨が降っているのが、普通です。
雨の日は歩くのがおっくうになったり、濡れるのが嫌だ!との声も聞かれますが、屋久島の森の中は、しっとりと濡れているときこそが、見どころです。苔につく一滴一滴の雫が、川の流れを作り屋久島全体を潤していく。そんな瞬間で出会える、雨の屋久島を楽しみましょう。

楽しむためには、しっかりした装備を!
雨の屋久島を楽しむには、しっかりとした防水対策をしましょう。
雨具はしっかりしたものを用意してください。全部ゴアテックス製品の必要はないですが、上下の分かれた3000円以上程度の
ものがお勧めです。(ゴアテックスや、同じような防湿浸透素材は蒸れを軽減するものです)
コンビニ等で買える、透明の500円以下程度のレインウェアは、すぐに破けます。破けた時は悲しいです。また、ウィンドブレーカーや
ゴルフウェアは防水性が低く、必ずと言っていいほど雨水が染みてきます。

装備がしっかりしてれば、雨の中で歩くのが楽しくなってきます、雨で潤った綺麗な森を楽しみましょう!


▲ ページトップへ

服装


12~2月 Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン・防寒タイツ・トレーナー・厚手フリース(ダウン)レギンス等アンダーウェア
3~4月 Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン・タイツ・トレーナー(フリース)
5~6月 Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン
7~9月 Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン   アンダーウェア/夏季はタイツに短パン可
10~11月 Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン・防寒タイツ・トレーナー(フリース)



インナーや、Tシャツは速乾性があるものが、お勧めです。綿のTシャツは一度濡れるとなかなか乾きません。
長ズボンのジーンズは不可。雨に濡れると生地が肌に張り付き、膝の曲げ伸ばしが困難で思わぬ怪我の元になります。
半ズボン、山スカートの下にタイツ着用も夏季は涼しくて良いです。
帽子は日焼け止めや、雨天時には顔を直接濡らさないために有効です。必須ではないですが、あった方が快適です。




装備


□登山靴
白谷雲水峡やヤクスギランド・西部林道のツアーでは、トレッキングシューズや運動靴
(必ずしも足首まであるハイカットの必要はないです)
黒味岳・太忠岳・モッチョム岳のツアーは、不整地で斜面も急な場所もあるので、必ず足首までカバーする軽登山靴を御用意下さい。

□靴下
クッション性のある厚手の靴下がお勧めです。靴の大きさに合わせて調整して下さい。薄手の靴下を2枚重ねでも大丈夫です。

□ザック/リュックサック
20~30リットルのものがお勧めです。腰ベルトは、肩や腰の疲れを軽減出来るので、あった方が良いです。

□ザックカバー
ザックカバーは、あった方が良いですが、ザックの内容物の防水にはなりません。内容物はジップロックやコンビニ袋等でしっかり防水対策をして下さい。

□雨具
上下が分かれたもので、防水性の高いものをご用意下さい。500円以下の雨具、ウィンドブレーカーやゴルフウェアは不可。

□傘
屋久島の登山道は、比較的歩きやすく、手を使わないでも歩ける場所も多いので、雨の日は折り畳み傘が有効です。
また雨の日の休憩時や、写真撮影時に傘があると安心です。

□着替え
靴下+速乾性のあるロングTシャツ(防水のためジップロックなどに入れて)濡れた場合に備えて、タオル等も。

□防寒着
着替えが防寒着の変わりになります。その他ウィンドブレーカーがあると便利です。

□ヘッドランプ
手のひらに収まるサイズがお勧めです。早朝の出発や、午後遅くの帰着の場合は暗くなることもあります。

□携帯トイレ
ガイドもご用意していますが、お持ちいただいても構いません。ガイドの携帯トイレを使用した場合は、500円頂戴いたします。

※ツアー当日の気候に合わせて、出発前に担当ガイドにご相談ください。必要ない装備は車内へ置いていく事が出来ます。
※屋久島では登山用品のレンタル店もありますのでご利用ください。


▲ ページトップへ



ツアー当日の持ち物


□お弁当
宿泊先への予約時に、宿泊先で御注文可能かを確認してください。
※宿泊先で御注文不可の場合は、Forestからお弁当屋さんに、注文を代行することも可能です。

□お飲み物
スポーツ飲料(ポカリスエット・アクエリアス等)か、ノンカフェインのお茶(麦茶等)500mlのペットボトル1本をご用意ください。
※日本茶や紅茶はカフェインが入っており、利尿作用があるため、山中ではお勧めできません
■珈琲タイムのお飲み物や、食事の時のお味噌汁はガイドがご用意させていただきます。

□嗜好品
お好きな甘いものや、塩分補給の出来る塩コンブ・スナック菓子等もお勧めです。
※疲労回復には甘いものが一般的ですが、汗をかいた時は塩分補給も忘れずに!

□常備薬
酔い止め(眠くならないもの)・生理痛用品・生理用品(気圧の変化で早まることもあります)・花粉症薬・胃腸薬・下痢止め
捻挫や腰痛の痛み止め。
※内服薬はガイドからは、ご提供出来ません。事前に常備薬のアレルギーをご確認して必ずご持参下さい。

□その他
トイレットペーパー、ビニール袋数枚、帽子、日焼け止め、貴重品や携帯電話を入れるジップロック等


レンタルショップ


トレッキングの装備を持ってなくても大丈夫!

屋久島には、トレッキング装備のレンタルショップがあります。旅行前にチェックして予約することをお勧めします。
レンタル品は、ツアー開始前までに借りておいて下さい。(半日ツアーの場合は、レンタルショップに立ち寄りも可能)
※5月~10月の繁忙期はレンタル用品も足りなくなりことがあります。旅行を計画したら、お早めにチェックして下さい。
※宿泊先でもレンタルをしている宿がありますので、こちらも事前に確認ください。

宮之浦方面

ナカガワスポーツ

ナカガワスポーツはこちら
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦421−6
0997-42-0341
営業時間 9:00~19:00


宮之浦方面&宿まで配達

屋久島観光センター

屋久島観光センターはこちら
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦799
050-3538-0091
営業時間  8:00~19:00



安房方面

山岳太郎ショップ

山岳太郎ショップはこちら
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房410-8

0997-49-7112
営業時間 9:00~18:30




レンタルの山下

レンタルの山下はこちら
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2386-5

0997-46-4255
営業時間 10:00〜19:00


空港まで配達

やくしま屋

やくしま屋はこちら
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦2363-17
0997-42-1680
090-5472-4258
営業時間 8:00 〜 21:00





その他ご質問等ありましたら、お問合わせフォームよりご連絡下さい。
※お問合わせフォームからうまく送信出来ない場合は、info@yakushima-forest.comへ必要 事項をご記入の上ご送信ください。