HOME > Q&A

Q&A


Q:Forestのツアーは?

・森の中で、お客様にゆっくり休息をしていだだくお手伝いが出来ればと思っています。
・全てのツアーを、貸切のプライベートツアーにすることで、他のお客様に気兼ねすることなくゆっくり過ごせます。
・ゲストの安全を第一に考えながら、可能な限り森の中で、ゆっくりのんびり過ごしていただくことを考えています。
・自然を全身で感じながら、ゆったりとした時間を大事にするツアーを考えています。


Q:ガイドツアーとは?

ガイドツアーとは、単純に森の道案内だけではなく、その森の持つ自然の特性や歴史をご案内しつつ、ガイドマップには載っていないような、みのがすのは勿体ないポイントをご案内させていただきます。不整地で足元を見ていると、大事な景色を見逃すことよくあります。
もちろん、ゲストの安全とペース配分を考え、お迎えからお見送りまでの危険を回避することを第一優先に考えています。


Q:体力に自信がないのですが、登山初心者でも大丈夫ですか?

Forestのツアーは、ゆっくりのんびりが基本です。さらに全てのツアーが貸切プライベートツアーなので、お客様の体力・ペースに合わせて、楽しんでいただくことが出来ます。体力に自信のないお客様も大歓迎です。


Q:ガイドの随行人数は?

Forestでは、全てのツアーが貸切プライベートツアーなので、お客様のグループが全人数です。
もちろんお1人様での参加も大歓迎です。お1人様でも特別料金等は発生しません。


Q:送迎区間は?

宮之浦から尾之間までは無料で送迎サービスさせていただきます。
その他のエリアにお泊まりの場合は、タクシーやレンタカー等で現地集合をお願いすることもあります。


Q:雨天決行?

はい!もちろんです。屋久島は雨の島です。
そして苔のひろがる風景は、雨に濡れた時が一番の見どころです。苔につく雫の一滴一滴を眺めるだけで心が休まるときもあります。
ただし、大雨洪水警報が出た場合や激しく雷が鳴っている場合などは、Forestの判断でツアーを中止する場合があります。
もちろん、天候が理由で中止になった場合は、ツアー料金は一切掛かりません。


Q:どの季節がオススメ?

一年中オススメです!それぞれの時期に違う景色があり一年中楽しめます。ただし「屋久島の花が見たい」とか「高山植物が見たい」とか「海や川でも遊びたい」等、遊び方にご希望のある方は、お気軽にご相談下さい。

比較的、雨が少ないのは、秋10月頃から2月頃ですが雨が降らないかどうかは、屋久島の神のみぞ知るところです。
雨の心配はしないで、雨をしっかり楽しむつもりで来てください。


Q:飲み物はどのくらいの量必要ですか?


基本的には500ml程度の水筒かペットボトルで十分です。ただ夏場は良く汗をかきます。普段から多めに水を飲まれる方などは2本程度あった方が安心です。山の中には、水の汲める水場が点在していますので、お水が足りなくなっても、汲みたすことが出来ます。
飲み物は、スポーツ飲料か、ノんカフェインのお茶(麦茶等)がお勧めです。緑茶やコーヒー飲料等のカフェインは、利尿作用があるのでトイレに行きたくなりやすい場合があります。


Q:靴はスニーカーじゃ駄目ですか?

コースによって変わるのですが、防水機能のないスニーカーは濡れると、歩きにくくなったり滑りやすくなったりします。
白谷雲水峡・ヤクスギランド・西部林道は、防水機能のあるスニーカー等でも大丈夫ですが、モッチョム岳・太忠岳・黒味岳等は、足首までカバーされる軽登山靴をご用意下さい。
もしお持ちでなければ、屋久島のレンタルショップをご利用下さい。


Q:ジーンズじゃ駄目ですか?

はい!ジーンズの長ズボンはNGです。ジーンズは、雨に濡れた場合派手に張り付き、膝の曲げ伸ばしを阻害し、思わぬ怪我につながりやすいです。
また、いつまでも乾かないので、身体が冷え低体温症につながる場合もあります。森で遊ぶ時は、登山用のパンツやショートパンツに機能性タイツを合わせる等の選択しましょう。
服装でご不明な事がありましたら、お気軽にご相談下さい。


Q:雨具は、どの程度のものが必要ですか?

500円以下の、透明ビニールガッパや上下が一体式の簡易ポンチョ等はオススメしません。簡易的な作りなので、山の中で枝に引っかかるだけで、破けます。
また、ウィンドブレーカーやゴルフウェアは防水性が低く、長時間雨にあたると必ず浸みてきます。
お値段が、3000円以上の上下が分かれたものがお勧めです。またゴアテックスや防湿浸透素材のものは、蒸れを軽減してくれ快適に過ごすことが出来ます。
お持ちでなければ、屋久島のレンタルショップをご利用下さい。


Q:レインウェアと傘の両方必要ですか?

はい!小雨の時は傘の方が快適です。またご飯を食べる時や、写真撮影時にも傘があると、ひじょうに便利です。
また、レィンウェアのフードをかぶると、せっかくの森の中で自然の空気感や森の音、動物の声も遮断することになるので、オススメしません。


Q:ストックは必要ですか?

モッチョム岳・太忠岳・黒味岳等は、あったほうが膝への負担軽減に役立ってくれます。また不整地を歩く場合にバランスを取りやすくなり、怪我の防止にもなります。
お持ちでなければ、屋久島のレンタルショップをご利用下さい


Q:ザックカバーは必要ですか?

晴れた日は必要ないのですが、山はいつ天気が変わるかは分からないので、準備しておくと安心です。ただし、ザックカバーは内容物の防水にはなりません。あくまでザックの濡れ軽減だったり汚れ防止だったりするものです。内容物は、ジップロックやビニール袋等で、しっかり防水して下さい。
お持ちでなければ、屋久島のレンタルショップをご利用下さい


Q:ヘッドランプは必要ですか?

はい!Forestのツアーは、他のお客様で混雑する前にスタートすることが多いので、スタート時はまだ暗かったり、森でゆっくり過ごして帰るころには薄暗くなることもあります。森や山に行くツアーの場合はご用意して下さい。お持ちでなければ、屋久島のレンタルショップをご利用下さい


その他ご質問等ありましたら、お問合わせフォームよりご連絡下さい。
※お問合わせフォームからうまく送信出来ない場合は、info@yakushima-forest.comへ必要 事項をご記入の上ご送信ください